気になったニュースや、趣味のPCに関した話題などを中心に、小説などの作品なども含めて色々と電波を発信してます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

短い物語、7 「神の悪戯は、神罰か、天罰か」

 -はじめに
 長編はFC2小説で書いていこうと思います。なので、ここでは「短い物語」というものを載せることにしました。
 この「短い物語」は、感嘆符や疑問符などが一切ない超短編小説です。
 ちょっとした息抜きに読んでいただければ幸いです。
 
 それでは、本編は追記からどうぞ。


 殺せ。二人とも殺せ。
 激しく叫ぶ司令官がいました。
 すごい数の兵士。
 とある王国、そこに幽閉された罪人に、姫が恋しました。
 決して許されない恋。
 決して叶わない恋を。
 姫、あなただけでもお逃げください。
 嫌です。貴方とでなければ逃げません。
 二人は熱く愛し合っていました。
 けれど、それはいつか気付かれる。
 逃がさんぞ。
 二人は階段を登る。
 でも、その先は行き止まり。
 捕まったら殺される。
 王の威厳を守るために。
 これ以上逃げ場がありません。瞬渡の法を使って逃げて下さい。
 どこに渡れるかわかりません。王の側か、もしかしたら別の世界かも知れません。
 それでもいい。今ここで二人死ぬのなら、あなただけでも。
 追い詰めたぞ。
 気付けば行き止まりでした。
 二人に待つのは、冷たい闇しかない。
 構え。
 司令官が短く言うと、兵士たちが一斉に長銃を構えました。
 神よ・・・・・・・・・。
 お話はこれで終わり。
 お姫様は、罪人はどうなってしまったのか。
 燃えてしまった先は、どうかあなたが。
   19:58 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tukimiyayu.blog53.fc2.com/tb.php/145-cd102ec5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。