気になったニュースや、趣味のPCに関した話題などを中心に、小説などの作品なども含めて色々と電波を発信してます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

歯軋り対策

 男性も女性も、やる側も聞いてる側もストレスが溜まる歯ぎしり
 私は歯ぎしりが酷く、家族から苦情がくるし友人からもうるさいと言われるし、なにより私自身、朝起きると疲れてるんですね。
 歯軋りというのは、夢を見る(起きても覚えていることが多い)浅い眠り、レム睡眠の時に起きるようです。そして、歯軋りにも種類があり、グラインディングクレンチングタッピングがあります。


 グラインディングというのはいわゆる「ギリギリギリ」という歯軋りですね。私もこれです。
 クレンチングというのがとても厄介なもので、歯を強く噛み締めるだけなので、発見されにくいそうです。
 そして最後のタッピングというのは、歯を「カチ、カチ、カチ」と噛むんですね。
 これら歯軋りは、やっている側は指摘されるまで気付かない事が多く、クレンチングなんかは音がないので気付くのがかなり遅れることもあります。
 歯軋りがひどいからといって死ぬことはまずありませんが、大迷惑になっていたり、知らずやっている本人にもストレス(精神的にも肉体的にも)が溜まることは確かです。
 やっている本人の場合は歯がすり減ったり、顎の関節を痛める原因にもなります。
 ちなみに歯軋りの最大の原因と言われているのはストレスらしいです。

 そこで登場するのがマウスピース精神安定剤です。
 マウスピースは歯科医に頼んで作って貰います。ちなみに作るのは技工士という専門技術者です。
 精神安定剤はそのままですね、はい。精神をリラックスさせて深い眠りに誘い、歯ぎしりのないノンレム睡眠で眠ってもらおうというものです。
 ここでちょっとした豆知識。マウスピースは美容のためにも使うことがありますが、治療以外は保険外なのでとても高いです。大きな病院などでも、紹介状が必要だったりしますので、よく調べることが大切ですね。

 そして今回、マウスピースを作る機会がありましたので作ってもらうことに。
 新患だから呼ばれるまでが長いんですよ。10時前には来たんですが、呼ばれたのは12時前ぐらい。それから型を取って、あとは技工士さんがやってくれるんですが・・・そこからまた1時間ぐらいかかりました。
 ちなみにマウスピースは2種類あって、上の歯に柔らかいゴム質のカバーをはめて緩和するものと、上下の歯にはめて完全に顎を固定して動かなくするものがあるんですね。
 今回私が作ってもらったのは前者の片方だけのものです。本当なら上下固定するほうが良いらしいのですが・・・。
 ようやくマウスピースが出来上がりました♪ いやあ、すごいですね。1時間で作れるとは・・・。
 その後、精神安定剤も処方してもらい、帰宅したのが13時30分(´・ω・`)

 今夜初めてマウスピースをはめて寝ます。どうなるんだろうか? 苦情はなくなるのか? 私の睡眠の質は向上するのか?
 また明日にでも報告しようと思います(興味ある人なんかほとんどいなさそうだけど)。

 そして最後に一つ、後日お知らせで書きますが、始末屋が延びることになってしまいました。
 詳細はまた後日お話します。本当に申し訳ないm(_ _)m
   22:29 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tukimiyayu.blog53.fc2.com/tb.php/19-eef834b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。