気になったニュースや、趣味のPCに関した話題などを中心に、小説などの作品なども含めて色々と電波を発信してます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

オール固体コンデンサ採用のAtomマザー

 未だに自作をしたことはありませんが、こういうのに興味がある私こと月宮です。ブログの趣旨でもありますしね。
 オール固体/ギガビットLAN仕様のAtomマザーがJ&Wから発売(ASCII.jp)

 J&W Technologyから「Atom 330」を搭載するMini-ITX対応マザーボード「MINIX ATOM330-GC」が登場、今日からアークで販売中だ。

 タイトルにもありますが、特徴なのはオール固体コンデンサということ。コンデンサについては追記へ、詳しい仕様はリンク先へ。
 長寿命が期待できるギガビットLAN搭載のAtomマザー、自作をする一部の人には魅力的な商品となりそうです。

 コンデンサには『アルミ電解コンデンサ』と『アルミ固体コンデンサ』があります。前者は温度によって劣化しやすく、寿命が短いという弱点がありますが、なによりコストが低いというのが最大の強み。そして、後者の最大の弱点はコストが高いという一点。その代わり寿命は長いですし、機能性高分子の電解質を使うことによって性能がさらに上がるんだとか。ここまで来ると小難しいですねorz 解説してくれているサイトがありますので、興味のある方はぜひ。私の場合、なんとなく理解はできていても、解説するとなるとサイトを引用するかのごとくになってしまうのでw
 最近の固体コンデンサはより性能が上がっているようで、少し前の大きいアルミ電解コンデンサよりもかなり性能が良いみたいです。より小さく構成できるのはとても良いことですね。
 長々と書いておいてなんですが、要するに安かろう高かろうで、アルミ電解コンデンサは安いが寿命が短い。アルミ固体コンデンサは高いが寿命が長い。ということです。
   21:31 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tukimiyayu.blog53.fc2.com/tb.php/206-0ba36187
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。