気になったニュースや、趣味のPCに関した話題などを中心に、小説などの作品なども含めて色々と電波を発信してます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

イギリス少年の自殺告白をアメリカ少女が通報、伝言ゲームのように伝わり3時間後に救出

 Facebookは、日本で言うMixiのようなSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。そのFacebookでやり取りしていた少女が、自殺を計った少年の命を救いました。
 これが大きくニュースとして扱われたのは、助けたのはアメリカの少女で、救われたのが遠く海を隔てたイギリスの少年だということ。そしてホワイトハウスや大使館まで経由していたことです。
イギリス少年の自殺告白をアメリカ少女が通報、伝言ゲームのように伝わり3時間後に救出(らばQ)

 少し前のニュースになるんですが、大変興味深く素晴らしいニュースだったので紹介しようと思います。詳細はリンク先へ。

 イギリスに住む16歳の少年は、アメリカのメリーランド州にすむ少女とFacebookを使い話をしていました。彼はとても落ち込んでおり、「これから自殺する」と語ったため、心配した少女が自分の母親に伝えたのです。それを聞いた母親がメリーランド州警察に通報し…
少女→母親→メリーランド警察→ホワイトハウス→ワシントンのイギリス大使館→ロンドン警視庁(スコットランドヤード)→テームズ・バリー警察  と次々に連絡が伝わっていきました。

 「名前」と「オックスフォードシャー州の学校に通っていること」しか分からない状況で、普通なら取り合ってもらえないような事件ですが、なんとホワイトハウスとワシントンのイギリス大使館まで動いてくれて、たったの3時間というスピード救出が実現しました。
 まさか少年も遠く離れた国の少女に伝えた自殺の告白が自国の警察に伝わり救出されるとは思ってもみなかったことでしょう。世界の本気を見ることができたニュースでした。
   02:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tukimiyayu.blog53.fc2.com/tb.php/207-79c85e36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。