気になったニュースや、趣味のPCに関した話題などを中心に、小説などの作品なども含めて色々と電波を発信してます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

国内初の80PLUS GOLD

 国内初の「80PLUS GOLD認証」取得電源がOCZからデビュー(ASCII.jp)

 登場したのは、容量850Wの「OCZ Z850M」と同1000Wの「OCZ Z1000M」2モデル。80PLUS GOLD認証は、負荷時20%で87%、50%時で90%、100%時で87%の高効率を実現する電源にだけに与えられる、いわば“称号”のようなもので、電気的ロスが少なく安定した出力を可能とされるもの。
 PFC回路搭載のZ-Seriesは、135mm2ボールベアリングファンを搭載し、ケーブル着脱式を採用。マルチGPU環境に対応するNVIDIA SLI認証も取得済みとなり、+12Vシングルレールで1000Wモデルは83A、850Wモデルは71Aという高出力を実現する。なお、本体サイズは、 150(W)×160(D)×86(H)mm。価格は「OCZ Z850M」がドスパラ秋葉原本店で3万1000円、TSUKUMO eX.で3万1800円、アークで3万2580円、「OCZ Z1000M」がドスパラ秋葉原本店とTSUKUMO eX.で3万7800円、アークで3万9380円となっている。

 ついに登場しましたGOLD認証。といっても、価格やら容量やらを考えても一般ユーザーはまず買わないでしょうが。80PLUS認証ってなんだい? という疑問は同じくASCII.jpの以下の記事に詳しく掲載されていますが、要するにより効率よい変換効率を持つ電源に与えられる称号ですね。これがまたとても厳しいもので、簡単にクリアできるような基準ではありません。ですが、変換効率が良い=省エネということにも繋がりますし、これからは最低でも80PLUS BRONZE認証の電源を安価で出してもらいたいですね、期待します。

 これからの電源ユニットのトレンド「80PLUS認証電源」とはなにか? (ASCII.jp)
   09:19 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tukimiyayu.blog53.fc2.com/tb.php/290-376c6e29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。