気になったニュースや、趣味のPCに関した話題などを中心に、小説などの作品なども含めて色々と電波を発信してます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

またまた大容量ディスクの開発が進行中

 ブルーレイの25倍!次世代ディスク開発へ(YOMIURI)

 日立製作所、三菱化学などが、高画質DVD規格「ブルーレイディスク(BD)」の25倍以上の記憶容量を持つ次世代光ディスクを開発し、2012年の実用化を目指すことが3日、明らかになった。
 記憶容量は1テラ・バイト(1テラは1000ギガ)を上回る。企業などが大量の情報を集中管理する「クラウド・コンピューティング」を支える技術として期待され、消費電力も抑えることができるという。

 んん? なんかどっかで聞いたことがあるような・・・。

 次世代光ディスクは、特殊なレーザー光線で立体画像を記録・再生する「ホログラム技術」を応用する。ディスクの表面だけでなく全体にデータを記録するので容量を大幅に増やすことができる。

 
 アメリカのGEが開発したのと同じ技術かよ!


 当ブログでもDiscの限界へで紹介したことがありますが・・・。しかしこの記事からはGEについて一切触れていませんから、日立や三菱などが独自に開発しているということになるんでしょうか。実用化は2012年を目指すとのことですが、容量を増やすことよりも標準を決めて欲しいものです。ブルーレイがようやく普及してきたってのに、2012年には1TBディスクを実用化ですか。まあ、当面は個人レベルでの使用はないでしょうが、4K2Kへの布石でしょうね。
   21:57 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tukimiyayu.blog53.fc2.com/tb.php/293-a12871c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。