気になったニュースや、趣味のPCに関した話題などを中心に、小説などの作品なども含めて色々と電波を発信してます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

世界に先駆けてのSDXC発売は東芝から

 東芝が世界で初めて「SDXCメモリカード」を発売へ、容量・転送速度ともに世界最高

 東芝はSDメモリカード規格Ver. 3.00に準拠した「SDXCメモリカード」を世界で初めて開発し、商品化するそうです。
 商品化されるSDXCメモリカード「UHS104」は世界最大となる64GBの容量を実現しているほか、世界最速となる毎秒最大35MBの書き込み速度と毎秒最大60MBの読み込み速度を実現しているとのこと。なお、発売は2010年の春を予定。
 また、「UHS104」と同じ転送速度を実現した32GBモデルと16GBモデルのSDHCメモリカードも2010年春に発売予定とされています。

 ついに発売されますSDXC、これとHDケータイが組み合わされば超お手軽ハイビジョンビデオ録画可能! てなことに。それ以前に普通のビデオカメラが対応するのが先決でしょうけどもw
 そうすると理論最大は2TBまでいけるので、ブルーレイハンディカムと組み合わされば、それこそ録画し放題ですね。もっと言えば据え置きレコーダーの録画メディアとしても活躍できますし、これから可能性は無限大でたのしみです。
 ちなみに以前何度か載せましたが、折角の機会ですので、追記にSDXCについての話を載せておきました。

 -SDXCとは(過去記事より)
 SDカードの次世代規格。
 そもそもSDカードと呼ばれるものは、正式名称を「Secure Digital memory card」(セキュアデジタルメモリーカード)といいます。
 セキュアと呼ばれるだけあって、音楽のオンライン配信にある著作権保護機能「CPRM」(Content Protection for Recordable Media)を内蔵してるんですね。知ってましたか?
 といっても、普段は何気なく便利に活用しますよねw
 一昔前は普通にSDだったんですが、現在はSDHC(SDやmicroSDにもあります)という大容量かつ高速転送規格があるんですね。こちらの上限は32GBとなってます。
 ファイルフォーマット形式が違うので、SDカードの機器ではSDHCとして使えませんが、下位互換であるため、SDとしてのフォーマットで使うことはできます・・・が、魅力半減ですね。
 同じく最近発表されたこのSDXCというのは最大容量がなんと2TB!
 容量が足りないのがネックだと思っていたネットブックに光が差し込んだわけです。
 そして、こちらもまたファイルフォーマット形式が変わったので、SDHCやSDとは下位互換です。なので、もちろん現行のSDHCを使う機器では32GBまでしか認識してくれません。
 なお、マイクロソフトはWindows Vista Service Pack1において、この形式に対応済ということなので、SDXCとして動作する可能性があります。
 ただし、必ずしも保障されてるわけではないので、あくまで可能性があるのだそうです。
 ここでSD豆知識。
 さっきから出ているSDのフォーマット形式というのが、SDは「FAT16」、SDHCは「FAT32」、SDXCは「exFAT」というフォーマット形式です。

   18:26 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tukimiyayu.blog53.fc2.com/tb.php/297-830afc48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。