気になったニュースや、趣味のPCに関した話題などを中心に、小説などの作品なども含めて色々と電波を発信してます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

AMDの新チップセット、785Gが登場。マザーも続々登場

 DirectX 10.1に対応した世界初のチップセットには,どれだけ期待が持てるか(4Gamer.net)
 AMD、DirectX 10.1対応統合チップセット「AMD 785G」(PC Watch)
 いよいよAMDのチップセット785Gが登場しました。搭載マザーボードについては追記に書きます。 

 780Gとの大きな違いは内蔵グラフィックスがRadeonHD 3200からHD4200への変更と、DirectX10.1への対応。クロック当たりの3D性能としては790GXに敵いそうにないまでも、ATI CrossFireXサポートの拡張、UVD2(Unified Video Decorder)の対応、HDMI1.3規格の対応と、様々な機能追加が施されています。

 UVDというのは、要するに動画再生支援機能のことで、CPUに余計な負担をかけずに動画を再生することができる機能で、MPEG-2、H.264、VC-1などの動画に対応しています。当然ながら対応ソフトが必要となります。ちなみにUVDは780G、790GXに搭載されています。UVD2は二つの動画を同時再生してもOK! と謳っています。

 もう一つ780Gから785Gになって追加された機能は、790GXにも搭載されているAdvanced Clock Calibration(ACC)という機能。要するにこれはCPUのオーバークロック耐性が向上する機能らしいです。ちょっと小難しいことを詳しく引用すると

 AMDは「ノースブリッジとサウスブリッジをそれぞれCPUと同期させることで,『AMD OverDrive』を利用したオーバークロック設定時に,サウスブリッジが高い動作クロックへ追従できるようになる」と説明している模様。これにより,オーバークロック設定時にもCPUとノースブリッジ,サウスブリッジが同じHyperTransportクロックで動作できるようになるため,全体としての耐性が向上する,というシナリオのようだ。(4Gamer.net


 以上が780Gから785Gへの主な変更点ですね。詳しいベンチ結果などはリンク先の4Gamer.netのほうに載っています。以下追記は対応マザー一覧


 AMD 785G搭載マザーボード(2009年8月5日現在)

 exciteニュースより
ASUSからは「M4A785TD-V EVO」、「M4A785TD-M EVO」、「M4A785D-M PRO」

 M4A785TD-V EVOは、Socket AM3対応となるATXマザーボードで、DDR3スロット4本を装備(最大16Gバイト)。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×2、PCI Express x1×1、PCI×3で、CrossFire Xにも対応する。

 M4A785TD-M EVOは、Socket AM3対応のmicroATXマザーボード。メモリスロットはDDR3スロット4本を装備(最大16Gバイト)、拡張スロット構成はPCI Express 2.0 x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2だ。

M4A785D-M PROは、Socket AM2/AM2+に対応するmicroATXマザーボードで、DDR2スロット4本を備えた(最大16Gバイト)。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2。


 ITMediaより
GIGABYTEからは「GA-MA785GT-UD3H」、「GA-MA785GPMT-UD2H」、「GA-MA785G-UD3H」、「GA-MA785GM-US2H」、「GA- MA785GPM-UD2H」

 Socket AM3対応でDDR3メモリのサポートとなるモデルが「GA-MA785GT-UD3H」「GA-MA785GPMT-UD2H」
 Socket AM3/AM2+/AM2対応でDDR2メモリをサポートするモデルが「GA-MA785G-UD3H」「GA-MA785GM-US2H」「GA- MA785GPM-UD2H」

 GA-MA785GT-UD3H/GA-MA785G-UD3HはATX対応マザーボードで、拡張スロットとしてPCI Express 2.0 x16×2、PCI Express x1×3、PCI×2を装備しCrossFire Xもサポートする。
 ほか3製品はmicroATX対応のマザーボードで、PCI Express 2.0 x16×1、PCI Express x1×3、PCI×2が利用できる。また、GA-MA785GPM-UD2H/GA-MA785GPMT-UD2Hの2モデルはサイドポートメモリとして DDR3メモリ128Mバイトを搭載した。

 予想実売価格は、GA-MA785GT-UD3Hが1万2500円前後、GA-MA785G-UD3Hが1万2500円前後、GA- MA785GM-US2Hが1万400円前後、GA-MA785GPM-UD2Hが1万2500円前後、GA-MA785GPMT-UD2Hが1万 2500円前後。


 ITMediaより
MSIからは「785GM-E65」

 エムエスアイコンピュータージャパンはこのほど、AMD 785G採用のmicroATXマザーボード「785GM-E65」の販売を開始した。価格はオープン、予想実売価格は1万1800円前後。
 785GM-E65は、AMD 785G+SB710チップセットを採用したSocket AM3対応のmicroATXマザーボード。メモリスロットはDDR3 4本を利用可能で、最大16Gバイトをサポートする。
 拡張スロットはPCI Expresss 2.0 x16×1、PCI Express x1×1、PCI×1を装備。グラフィックス機能はRadeon HD 4200を備えており、HDMI/DVI/アナログD-Sub出力を利用可能だ。


 ITMediaより
BIOSTARからは「TA785GE 128M」

 エムヴィケーは8月4日、台湾BIOSTAR製となるAMD 785Gチップセット搭載microATXマザーボード「TA785GE 128M」の取り扱いを発表、本日より出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格は約9000円。
 TA785GE 128Mは、AMD製最新チップセットとなるAMD 785Gを採用したSocket AM3/AM2+対応のmicroATXマザーボード。グラフィックス機能としてRadeon HD 4200を搭載、128Mバイトの専用キャッシュも装備している。
 メモリスロットはDDR2スロット2本を装備(最大16Gバイト)。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×1、PCI×2を利用可能だ。


   15:40 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tukimiyayu.blog53.fc2.com/tb.php/299-6ee892eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。