気になったニュースや、趣味のPCに関した話題などを中心に、小説などの作品なども含めて色々と電波を発信してます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

小説を載せてみる

 少し長いので追記からどうぞ。前回の続きです。
「・・・こりゃ驚いた。まさかお嬢ちゃんがあの吉本早百合とは・・・」
「夏休みで避暑に来たのかな?」
「ええ、まあ・・・。あの」
「どうしたの?」
「しばらく、ここに通ってもいいでしょうか」
「それは構わないけど、そういえばご両親は?」
 両親のことを聞かれ、ぐっと黙るが、決意したように話し出した。
「実は、両親には内緒で来ました。その、依頼をしに」
「依頼っていうと?」
「始末屋の葉月という方に依頼があって来ました」
「はあ、やっと終わったー」
 若干シリアスな雰囲気の中を見事壊して金が戻ってきた。
「あれ? 皆さんどうしたんですか?」
「えーと、じゃあとりあえず話を聞こうかな。金、依頼だよ。準備して」
「依頼ですか!? あわわ、ちょっと待ってくださいね!」
 金が慌てて準備をしに奥へ行くと同時に、ペットショップの配達がやってきた。
「ちわー。ご注文のお届けでーす」
「ご苦労様です」
「あ、今朝話してた猫? もう届いたんだ」
 配達員の持っているゲージには、かわいらしい子猫が入っていた。
「代金のほうは小切手で申し訳ないのですが」
「あ、はい。・・・こんなに!?」
「急がせてしまったお詫びです」
「いやいや、それにしたって・・・」
「どうぞ、お納めください」
「はあ、すみませんね。それではまたのご利用お待ちしてます」
 よほど金額が大きかったのか、戸惑いながらも受け取っていった。
「子猫・・・?」
「ほぉ、猫を飼うことにしたのか」
「はい。金に言われたら私も気に入っちゃって。早百合ちゃん、猫好き?」
「え? あ、はい」
「今はまだ環境に慣れないから借りてきた猫みたいになってるけど、三日もすれば元気になると思うんだ。そしたら遊んであげてね」
「はい」
 早百合は子猫をじっと幸せそうに見つめて
いた。
「さてと、わしはそろそろ帰ろうかの」
「もうお帰りですか?」
「これから仕事じゃろ?」
「すみません、ありがとうございます」
 森重は、明日また来ると言って帰った。
「葉一さま、準備出来ましたよ! ってあああ! 猫がいるー!」
 仕事道具を持ってくると、今度は猫に目を奪われ、抱きつこうとするが、ひらりとかわされた。
「あれ!? 猫さんが抱擁をかわした!?」
「そんなわけないでしょう」
 もちろん猫の入ったゲージを持った白がかわしただけだ。
「来たばかりの子猫にそんなことしたら怖がるだけです」
「えー、抱っこしたりスリスリしたりしたいのにぃ~」
「それはまた今度ね、今は仕事だよ」
「は~い」
 大丈夫・・・なのかな?
一連のやり取りを見ていた早百合は一抹の不安を覚えた。
「さて、これからのやりとりは一応録音と録画をさせてもらうね」
「分かりました」
 葉一が目配せすると、金はビデオカメラとボイスレコーダーのスイッチを入れた。
「まず、私たちを知ったきっかけは?」
「お父さんが知人の方と話していたのを聞いて」
「依頼内容は?」
「私の頭脳を歳相応にしてもらいたいんです」
「というと?」
「私はまだ小学五年生ですが、感覚も視点も大人と同じ。頭脳にいたっては大学教授と同等と言われています。でも私は、こんな頭脳は要らないから同い年と普通の女の子として触れ合いたい、遊びたいんです。なのに学校以外の場所でも例え家の中だろうと私の頭脳を目的に多くの政治家や研究者たちが毎日訪問して難題を解かせようとするんです」
「どうしてそんなに難題を持ちかけるの?」
「私が常人より記憶力・理解力に優れているから、他の人に出せないような答えを出すから。そうした難題を解けば解くほど更に知能が増していくから・・・。でも、私は普通の女の子として楽しく過ごしたいだけなんです」
「葉一さま・・・」
「分かってる。でもね、私情を挟んではいけないんだ」
「・・・はい」
「依頼内容と動機は分かりました。望むのであれば、相応の報酬と引き換えに依頼を受けます」
「本当ですか!?」
「始末の方法としては、早百合ちゃんの知能を退化させます」
「知能を退化させる・・・?」
「そうです。何重もの暗示や催眠を用いて天才的頭脳を封印。その上で十一歳ぐらいの子供まで知能を低くします」
「もし、万が一封印が解けてしまったら?」
「その時はまたお越しください。可能性は無いとは言い切れませんので、その場合は無償でまた封印します」
「そうですか。それはどのぐらい時間が必要ですか?」
「本当なら封印してから一ヶ月かけてゆっくり低下させたいのですが、時間のほうは」
「時間ならあります。両親には用事だと言ってあるので心配ないと思います」
「分かりました。ではこの書類にサインを」
 提示された書類にサインをすると、安堵の息が漏れた。
「正直、ここが駄目だったら自殺する覚悟で来たので、本当に安心しました」
「自殺は駄目ですよ!」
 金が慌てて言うが、早百合は笑顔だった。
「大丈夫です。もうそんなこと考えませんから」
「じゃあ早速今日から始めようと思います。ただ、喫茶店を一ヶ月も閉めるわけにはいかないので、営業中のお店は白と金にまかせるよ」
「了解しましたぁ!」
「了解です」
「あの、素人が意見するのもなんですが」
「どうしました?」
「葉月さん一人で大丈夫なんでしょうか?」
「そのことなら心配要りませんよ」
「それならいいんですが・・・」
「伊達に始末屋葉月家の当主をやってませんから。ああ見えて知識も経験も豊富なんですよ」
 ああ見えて。というのはどうかと思うが、一見するとただの高校生ぐらい。綺麗なオッドアイが目を引くが、おっとりしたかわいい女の子。といったほうがしっくりくるぐらいだ。だが、実力は申し分ない。
「だから、安心して任せてください」
「そういうことなら、分かりました。よろしくお願いします」
「さて、じゃあそろそろお客さんも来るだろうからお店再開しようか。白」
「分かりました」
「これから私は早百合ちゃんの依頼をやるから奥に居るね。何かあったら呼んで」
「わっかりました~」

 白と金に店を任せ、二人は喫茶の裏にある葉月宅へ向かった。
 葉月の家はほとんど余計なものが無く―――金の部屋は例外だが―――とても質素で落ち着いていた。中でも葉一の部屋は年頃だというのに雑貨や化粧道具などは一切見当たらなかった。
「葉月さんはお化粧とかしないんですか?」
「ええ、特に必要ないと思って」
「じゃあお手入れとかは」
「特にしてませんよ。入浴剤も特別な洗顔とかも使ってませんし」
「他の一般女性が聞いたら羨ましがるでしょうね」
「そうですか? 私は普通にしているだけなので特に意識したこともないですし、言われたのは早百合ちゃんが初めてです」
 葉一は話しながら椅子を用意したり鏡を用意したりと準備をテキパキとこなしていた。
「じゃあ彼氏とかはいないんですか?」
「いませんよ。昔から出会いもないですし、お客さんからはお世辞を何度か言われるぐらいで」
 それは多分、お世辞じゃないと思うな。
なんとなく、葉月葉一の人物像が掴めた気がした。仕事はしっかりこなしているし、表も裏も実力はかなりのものなのだろうが、少し・・・いや、かなり恋愛面では鈍い。
 多分私と同じなんだ。一見すると普通の女の子でもすごい技術や知識を持っている。けどやっぱり中身は普通の女の子だ。ただ育った環境が特殊だっただけで・・・。
「さて、準備出来ました。そこの椅子に座ってください」
 早百合は指示された通りに椅子に座った。
「じゃあ、始めますね。目を閉じて、ゆっくり深呼吸をして、言う通りのことを思い浮かべてください」
 葉一の言う通りに深呼吸しながら言われたことを思い浮かべ、徐々に意識が奥底に落ちていった。

「金、三番テーブルにビールを三つ」
「はーい!」
 昼過ぎになると、やはり登山者やハイキングに訪れたお客さんで賑わった。そのほとんどが常連で、金や葉一目当てのお客さんも少なくない。
「やあ金ちゃん、久しぶり。今日は葉月ちゃんは居ないのかい?」
「あ、お久しぶりです。マスターなら奥で別の仕事してますよー。残念でしたー」
 普段は「さま」を付けているが、喫茶店では葉一をマスターと呼ぶ。さすがに喫茶店内で葉一さまはおかしいのでそうしている。
「なんだ、久しぶりに会いに来たのに残念だな」
 ははは、と笑いながらビールを飲む。これで三杯目だ。
「おじさん飲みすぎは良くないですよ」
 追加のビールを置いていつものように忠告する。
「なあに、まだまだ序の口だよ!」
「金、五番テーブルに運んでください」
「あ、はーい! じゃあまたね」
「葉月ちゃんによろしく!」
 うーん、ちょっと動きづらいなあ。
普段は白と二人なのでなんとか動けたが、さすがにこう忙しいと和服での移動は辛いものがあった。
「金、ちょっと着替えてくるね」
「早目にお願いしますね」
「はーい」
 ここ喫茶葉月では、特に制服の使用を義務付けているわけではないので、二人とも普段の格好のまま出るのだが、金の場合は特に和服のため動きづらいということもあり、忙しい場合には特製の軽装を用意してある。
「これでよしっと。お待たせー」
「おお! 久しぶりだね、金ちゃんのその格好!」
 葉一のファンがいればもちろん金のファンもいるわけで、そのファンが好きな格好がこの軽装だ。
「えへへー、まだシーズンにはちょっと早いですけど、今日は忙しいので着替えました」
「いつもの和服姿もいいけど、やっぱりこっちだな」
 酒が入っていることもあり、上機嫌な客はべた褒めした。
「さて、お仕事再開!」

 閉店後、葉月宅の居間で今後について話し合われた。
「金、白、お店のほうはどう?」
「今日は葉一さまの予想通りシーズン並みに混みましたが、なんとか」
「そう。金もお疲れ様」
「あぅ~」
 白がいない分、二人分の忙しさで疲れたのだろう。帰ってくるなりソファーに倒れた。
「服着替えたら?」
「お風呂入るまではこの格好にします・・・。着物に着替える元気ないです」
「そっか」
 金の姿に、葉一は思わず笑みを浮かべた。
「それより葉一さま、早百合ちゃんのほうは」
「うん。今は落ち着いて寝てるよ。複数の暗示や催眠をやるからね、大分負荷がかかったみたい。頭脳は大学教授だって言っても、中身は十一歳の女の子だからね」
「そうですか。封印にはどれほどかかりそうですか?」
「そうだね・・・。これからの経過にもよるけど、多分一ヶ月はかかると思う。少しずつやるしかないからね。知能を小学生レベルにまで戻すのも下手したら一ヶ月かかっちゃうかも」
「それでは少し時間がかかりすぎますね」
「そうなんだよ。それにもう喫茶店のほうもシーズン入りするからね、いつまでもこの状態だと・・・」
 金を横目に見ると、起き上がる気配が全くない。
「金が倒れちゃうかも知れないしね」
「頑張りやなのはいいですが、体力が持ちませんからね」
「う~、明日からお休みにしません?」
「そういうわけにはいかないでしょう。最低あと一ヶ月は頑張ってもらいますよ」
「一ヶ月!」
 絶望したように叫ぶと、全身の力が抜けたようにソファーに沈んだ。
「参りましたね・・・。適当なアルバイトを入れるわけにもいきませんし」
「役割交換とかは?」
「それですよ!」
 それまで死んだようにソファーに沈んでいた金ががばっと起き上がった。
「駄目ですね」
 が、一蹴された。
「なーんーでー!?」
「金の料理センスは絶望的ですからね」
「そんなことないもん! ねっ、葉一さま!」
「うーん・・・。ごめん」
「ガーン!」
 今度はショックでソファーに沈んだ。
 しかし事実ではあった。センスの問題かどうかはいささか疑問ではあるが、なぜかレシピ通り作っても味がおかしくなるので、それを知っている白はなるべく金には調理させないようにしているぐらいだ。
「どうかしましたか?」
「早百合ちゃん?」
 目が覚めてしまったのだろうか、いつの間にか廊下に続くドアのところに立っていた。
「起こしちゃった?」
「いいえ、目が覚めてしまって。トイレを借りた後で明かりを見付けたので」
「そう、ホットミルクでも出そうか?」
「大丈夫です。それより皆さん揃って・・・団らんの最中でしたらすみません」
「大丈夫。これからのお店のことをちょっとね」
「お店の?」
 一応葉一は早百合に現状を説明した。
「そうだったんですか・・・。私のせいで大変なことになってたんですね・・・」
「早百合ちゃんが気にすることはないよ。これも私たちの仕事なんだし」
「そうですよ。金が一ヶ月頑張れば済む話ですから」
「だから無理ー!」
「あなた一体なんのためにここに居るんですか」
「そんなこと言ったって~!」
「はあ、なら私もお手伝いしましょうか?」
「駄目駄目、そんなことしたら本末転倒だよ」
「そうですね、すみません。私ったら寝ぼけてるのかな」
「早百合ちゃんは自分のことに専念してて大丈夫だよ。今日は慣れないことやったし、ゆっくり体を休めて」
「はい、ありがとうございます」
 早百合が戻ると、時間も遅いということで、会議は後日に持ち越されることになった。
   07:11 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tukimiyayu.blog53.fc2.com/tb.php/370-e42c8904
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。