気になったニュースや、趣味のPCに関した話題などを中心に、小説などの作品なども含めて色々と電波を発信してます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

バーチャルマシン

 仮想PCというのをご存知だろうか?
 仮想PCというのはいわゆるバーチャルマシンです。と言っても分かる人にしか分からないと思うので、今回は仮想PCとOSについてわからない人向けの説明です。「こんな説明で分かるかボケが」という人はウィキに詳しく(ぉぃ


 仮想PCというのは、仮想化技術と呼ばれるものの一種で、HDDにPCを構築し、仮想的にPCを作ってしまおうという技術です。メモリもCPUも物理的には基盤にあるわけですが、それらがHDDの仮想PC内に入ってるように見せかけるんですね。実際に起動すると、CPUもメモリも使われてます。
 何語を喋ってるの? って感じですね、すみません。上手く説明できませんでしたorz
 詳しくはグーグル先生に「仮想機械」で訊いてみてください(ぇ

 そしてOSですが、よく聞く「Windows」という言葉。これがOSなんですね。
 パソコン(以下PC)に必要不可欠な基本ソフトウェアと呼ばれるものが、いわゆるOS(オペレーティングシステム)というものです。
 ちなみにOSにも種類があり、マイクロソフト提供のOSが「Windows」シリーズ。無料のオープンソースOSが「Linux」、アップルが提供するのが「MacOS」などなどですね。
 OSには基本ソフトと言われるだけあって、様々な機能を提供してくれます。例えば今私が打っているキーボードによる入力や、あなたがこのサイトを見られるも、全てOSのおかげなんです。当たり前に使っているので「え? そうなの?」と思うかも知れませんが、実はそうなんです。
 OSが提供してくれる機能の一部が「入出力機能」、つまりキーボードやマウスで操作や入力をしたり、ディスプレイに映像を出したりする機能や、ハードディスク(HDD)やメインメモリなどを管理してくれる機能などなどです。
 つまり、逆に言えばOSがないとPCはどんなにハイエンド(最先端の技術を使った高機能・高性能な上級者向けのモデル)でも役立たずなわけです。電源を入れてもなにもできません。
 そして、ここからが肝心なんですが、OSというのは基本的に一台のPCに一つです。もし別のOSを入れようとすればもちろん上書きされ、以前のOSは使えません。HDDの中のファイルも全部消去されます

 次回はいよいよ本題、仮想PCに入れた噂のアレをレポートしたいと思います。それではまた。
   17:27 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tukimiyayu.blog53.fc2.com/tb.php/6-4fb361b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。